「海なし県」でも相当なクオリティ。松本で指折りの寿司の名店、、、、藤波寿司

Pocket
LINEで送る





本日は松本の老舗のお寿司屋さんご紹介します♪

Web上でもかなり評判の松本のお寿司屋さん「藤波寿司」。
一度こちらの寿司を食べたら他には行けれない。という書き込みも見かけます。

松本で上位に入ると、評判はすこぶる良いんですが、知らない人も。

「市民芸術館」に来る大物俳優もお忍びで来たりするそうな。

そんな「藤波寿司」に妻の誕生日のリクエストで行ってきました。
 
では、早速。



松本駅裏手。とても気持ちの良い店内。落ち着きのある柔らかい雰囲気

こちらのお店は、大将と息子さんで料理をやっており、フロアには女将さんが出ている。
ご家族とアルバイトの子で営業されています。

お店はキレイにされており、老舗ながらしっかりと掃除もされているような、気持ちよさがある。

大将とそのご家族の人柄からなのか、雰囲気がとても柔らかい感じで、入ってからも回らない寿司屋に慣れていない私達でもゆっくり出来ました。

松本の和食店でも指折りか。前菜からとても美味しい♪

ビールで乾杯(子供はオレンジジュース)し、前菜をまずはいただきました。

塩辛と前菜三種

  

塩辛は、とても新鮮な”ワタ”と”身”で和えられており、妻も衝撃を受けてました♪

前菜三種は味付けはやや薄めのしっかりとした和食という感じで、お酒にもすごく合う♪

山に囲まれた松本で驚きのクオリティ。刺し身→寿司

まずは刺し身の盛り合わせ

光り物とか、イカ刺しとかって、もう新鮮で美味しいものって、圧倒的に違います。
(特に自分と子供は光り物大好きなので)
もうテンションガチ上がりです(笑)

そして握り。
「お決まり14貫」を頼みました。どんどんいきます。
左から「ソイ、キス、甘エビ」

「オキアジ、エビ、ホタテ柔らか煮」

「スルメイカ、マグロ、中トロ」





「鉄火巻、たまご、穴子、いくら、うに」

シャリが比較的小さめで、女の方でも色々な種類を味わえる。
どれも絶品ですが、特にウニは違います。

普段はウニを妻も私も食べられません。
が、鮮度の良い、美味しいやつなら食べられるんです。(贅沢か(笑))
こちらのウニはとても美味しくいただけました。

貝好きの妻は更に「赤貝、貝ヒモ」

やはり全然違うみたい。妻も悶絶(笑)

鮮度が命なだけに相当こだわって仕入れているらしい。

「松本を忘れされる」鮮度にこだわる絶品寿司

仕入れもとても気を使っているそうで、毎朝信頼できる卸の人と連絡を取り、天候やその日の状況に応じて仕入れをしているそう。
全国各地(築地、北海道、青森、富山、逗子、愛媛、島根、、、、etc)から仕入れているため、様々な状況にも対応できるような徹底ぶり。

仕込みにもきっちり時間をかけているそうで、13時15分にランチが終わり、お客さんが引けてから、すぐに夜の仕込みに入るそう。
しっかりと手のかけられた、料理たちがほっぺたを間違いなく緩ませてくれます。

握り以外も、「海なし県」の松本とは思えないクオリティ

上記の握り以外にも、「穴子の炙り焼き」

「鉄火丼」

としっかりいただきました。
本当にお酒に合いすぎるし、どんどん飲めてしまいます。

改めて、美味い肴で飲んでいると、本当に気持ちよく酔っぱらえるんだと実感。

そんな酔っ払いの横では「鉄火丼」の奪い合いをしてました(笑)




まとめ

こちらの「藤波寿司」さんはランチも営業されているため、夜に行く前に気軽に試せるのが素敵です。
車社会、松本でランチというのは中々大変です。上手くいかずにランチをやめてしまうお店も多々。
やっていてくれると、一度行ってみて様子が見られるのですごくありがたいですね♪

ただし、仕込みが大変なため、本来はやりたくないそう、、、(笑)
時間は12時~13時15分と短いので要注意。

是非とも一度足を運んで見てほしい、オススメのお店です♪

余談ですが、若板さん(息子さん)は自分と同じ年。
友達の同級生だと行ってから教えてもらいました(笑)

藤波寿司
住所:長野県松本市白板1丁目4−44
TEL:0263-32-0336
駐車場:有り(店前と奥に5~6台)
営業時間:12:00~13:20  17:30~22:00
定休日:月曜日



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です