地元民オススメ!本場で修行!オシャレな松本のイタリアン、、、、、オステリア信濃

Pocket
LINEで送る




本日は松本の隠れ家的なイタリアン紹介。

先日の行きたい店5選でも載せた店舗。

地元民が教えるオススメ(になるかも知れない)松本の注目店5選

駅からは少し離れた、やや分かりづらいところにある
「オステリア信濃」
本場で修行してきた、本格的なイタリアンが楽しめる良店♪

では早速。


シェフ一人のお店

こちらのお店は地元出身の草間シェフが一人で営業しているため、昼は1,800円のコース。
夜は3,000円か5,500円のコースのみの営業。
出来たら予約。(行って席が空いていれば通してくれる。)
21時以降はアラカルトも注文可能。

「草間シェフ」

希望や、嫌いなものなど予約の時点で伝えておけば、コースでも対応してくれるし、言い忘れても当日行ってから伝えてもある程度は考慮してくれます。
(仕入れ食材の都合もあるため)

カウンター越しにシェフとの会話を楽しみながら。

店内はカウンターのみの席。
このカウンターは中々広くて、隣の席とも余裕有り。
そして、奥行きが大分あるから圧迫感は無く、落ち着ける。

オープンキッチンで、厨房はとてもきれいにしてあるから、
気持ちも良いし、いわゆるカウンターの席の辛さみたいのは全く無い。
シェフも中々のおしゃべり上手で、場の空気を凄く盛り上げてくれます♪


塩尻育ち、イタリア帰り

塩尻生まれで、20代で3年半イタリアで料理の修行をしてこられたそう。
帰国後は東京のお店で2年ほど働きお店をやる基礎を改めて教わったそう。
そして、悩んだ末にここ松本に、昨年の8月にお店をオープン。

料理も絶品♪

できる限り地元の食材を使ってくれている。


「安曇野のぶどうと生ハム、ナシと生ハム」

  

「その場でチーズを削って載せてくれる」

私達の行ったときは、入荷したばかりの松茸をふんだんに。

「上に乗っているのが松茸」

また、ジビエもしかり。
牛ほほ肉のカツレツと一緒に、鹿肉まで出してくれてとても幸せです♪

「手前カツレツ、奥のが鹿肉のジビエ(低温調理)」

パスタもジビエを使ったもので♪

東京から来られた方もいて、とても大喜びされてました♪


ドリンクは?

お酒については、ビールとワインの2択と最初言われましたが、
「簡単にあるもので、カクテルみたいなのできますか?」
とお願いしたところ、レモンのリキュールを使ったお酒も用意してくれ増した。
シェフが会話で盛り上げてくれるため、色々なそういった要望も出しやすく、
かつ、出来る限り対応しようとしてくれるのが、素敵すぎ。

ワインもシェフにお任せして、感じだけを伝えたんですが、
どれも料理に合う素敵なワインを用意してくれました。
お陰で大分飲んでしまいましたがね(笑)

ちょっと余談でキノコの話

今回のオステリア信濃でも松茸を出してもらいましたが、長野県あるあるで。

「香り松茸、味シメジ」

という言葉がある通り松茸は香りがものすごく良いんです。
ただ、山の辺りに住む長野県人は、松茸をいただくことがとても多い。
またそれと同時に他のいわゆる「雑キノコ」と呼ばれるものも、もらうことがすごく頻繁。

その結果、物凄い贅沢かもしれませんが、松茸に飽きてくる。

雑キノコの方が食べるにはすごく美味しい。

今回も「コウダケ」というキノコをグリルして松茸と一緒に出してもらいましたが、本当に美味しいです。
一部では幻のキノコと言われてますが、年に数回は食べられます。(いただきもので(笑))

長野は山のモノの宝庫なので、この季節色々なお店でキノコが食べられる。
出来たら、個人経営のお店だと貰い物を出してくれたりします。

とてもいい季節なので、紅葉と味覚の秋と楽しみに来てくださいね♪

長野への旅行はこちらから♪

お取り寄せはこちら♪



まとめ

そんな素敵なレストラン、「オステリア信濃」
店内もとてもおしゃれで、かつシェフもとても気さくな方。その両方があるために、記念日やデート、普段使いにも通える素敵な雰囲気のお店。

立地が分かり難い隠れ家的なところも、結果的にはお店にあってるような気がしちゃうから面白い。

ランチもやっているので、是非ともランチで場所と雰囲気をチェックして、
ディナーで改めて飲みに行ってみてください♪

美味しい夜になること、間違いなし♪


オステリア信濃
住所:長野県 松本市 中央3丁目5-11-蔵シティホリ102
TEL:0263-37-0345
H.P:https://www.facebook.com/osteriashinano/




Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です