株とは何か?なんで、人の会社にお金出すの?

Pocket
LINEで送る








そもそも株とはなんぞや?
どうやって買うの?売るの?
なんで儲かる人と、損する人がいるの?

と言う本当に基礎の部分から記事にしていきます♪

はじめた理由は下記記事から

株とは何か言えますか?子供に質問され、、、、




株ってそもそも何??

一言で言うと

「会社にお金を出してあげたという証明書。」

お金を出してくれた人のことを”株主”といい、会社からは”株券”が発行されます。
※今はペーパーレス化(紙の削減)が進み、実際に見ることはあまりない。

会社と言うのは色々お金がかかる。
たとえば車を作る会社であれば、
◎作る人のお給料
◎車の材料
◎作る工場
◎お店まで運ぶ輸送量、、、、etc
などたくさんのお金が必要。会社を作って、車ができて売れるまではお金は会社に全然無いから、そのお金を株主に出してもらう。

これが”株”と言う”仕組み”です。

何でお金を出すの?(本来は、、、)

株を買ってその会社に資金を提供することを”投資”というけど、なんで自分が一生懸命稼いだお金を、人の会社の為に出さないといけないのか?
100歩譲って、友達ならまだしも、何で知らない他人の会社に出す人がいるの?

本来の投資の意味としては、その会社やそこで作られる、物やサービスを

応援するために

株を買って資金を提供するということ。





なんでお金を出すの?(メリット)

投資することで色々なメリットが得られるから応援したくなると言うのが、人間というもの。

例えば
◎”株主優待”
お菓子の会社ならお菓子。スーパーなど買い物系の会社なら、割引券など。
会社によって優待が無い会社もあるからそこは注意しておこう。

◎配当金
会社が利益を出したときにもらえるお金。
会社が儲かっている(業績が良い)ときには増えるが、悪くなれば減る。
年に1回もしくは、2回で、利益がたくさんあってもその会社の方針で出さないと言うこともある。

◎値上がり益
これが最も有名であり、株取引の醍醐味とも言える部分ではないでしょうか。
会社が儲かって利益が出たりすると買いたい人は増える。そうすると、株の値段(株価)もあがる。
(これは世の中の商品と同じ。例えば一時の「妖怪ウォッチブーム」。プレミア化がすごかった。。。とか)


業績が良くなる前に買っておいて、株価が上がったら売る。その差額の部分が値上がり益となる。

株価は下がることもあるので、その差額で損が出ることも。。。

このようにメリットがあるから応援して、お金を出してあげたくなる。
ただし、デメリットも十分にあるから気をつけなければいけない。

デメリットの話になってくると、株での取引(株を売り買いすること)に話が行くので、
それはまた次回以降に書いていきます♪

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました♪






Follow me!

株とは何か?なんで、人の会社にお金出すの?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です